炭水化物と“うつ”

2009/11/16 Mon

私の周りでも、ダイエットに炭水化物を抜く方法を実践しているという話を聞きますが

オーストラリアの研究チームがアメリカの医学誌に発表した内容

炭水化物を抜いても摂取しても体重の減少は変わらずに

精神面で憂鬱や怒りっぽくなると発表したそうです

新聞等でご存知の内容かもしれませんが

こんな記事がありましたのでリンクしておきました。


私の通ったKIJ(クシ・インスティテュード・オブ・ジャパン)やKMA(クシ・マクロビオティック・アカデミィ)では

理想の食事の摂取配分を下記のピラミッドで表示しております


温帯ピラミッド

住む環境に応じてそれぞれの生物は独自の進化を遂げてきましたが

わたしたち自身が現在の姿になったのも、その環境に適応するため。


自分を振り返れば、穀物をよく消化しやすいために東洋人の腸が長くできていることや

臼歯により穀物を砕きやすく出来ていることなど

身体に必要なものが何かを教えてくれている訳です^^


日本人の食事の基本も一汁三菜

美味しくごはんをいただきましょう♪


このマクロビオティックのビラミッド表は

温帯地域での食物摂取なので熱帯ではバランスが変わり

バンコクではその表を参考にさせていただいておりました


玄米菜食のイメージをお持ちの方も多いと思いますが

表には上層にお肉などの記載があります

現在のようにお肉の摂取が多い食生活で、いきなり切り替えるのも無理が生じてしまいます

続けているうちに自然と身体が要求しなくなりますので

自分の身体に聞くことが一番かもしてませんネ


        オークラ出版より発売中の “relaxy”

   マクロビオティック特集に お料理&スイーツレシピとインタビュー記事が掲載されています♪

      relaxy1_20091119112409.jpg テリーヌ





来て下さってありがとうございます(^-^)

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ






スポンサーサイト

テーマ : ナチュラルスタイル
ジャンル : ライフ

コメント

Secret

Re: はじめまして

kさん、upできるファイルかどうか確認したいのでお時間下さいね
身体を冷やす果物の摂取量は熱帯では毎日でもokなど・・ということです

日本はこれから寒い冬、東南アジア・・もしバンコクならこれから良い季節ですね


はじめまして

いつも楽しく拝見させていただいてます。
私もマクロビを実践中なのですが、
実践場所が東南アジアということもあり
どうしても、バランスが取れないし、日本のバランスをここで実践してもいいものかと常日頃から思っていました。無理なお願いかもしれませんが、ぜひ、
東南アジアでのバランス表もUPしていただけるとうれしいのですが・・・・・。無理でしょうか?

プロフィール
シンプルにお料理しましょ KUSHI認定クシマクロビオティックインストラクター

なちゅーる

Author:なちゅーる

メールフォーム
お申込・お問合せメールはこちらから↓ 出張講師、取材もご相談ください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Nature Style Info.
http://www.naturestyle.info/home.html
QRコード
Nature Style
QR
最近の記事
media
2009年11月発売オークラ出版 『relaxy』  2013年12月20日発売『天然生活』90ページ 2014年02月28日発売『CLASSY.』School & Salon list relaxy.gif 2013-12-20天然生活表紙 (283x400) CLASSY(314x400).jpg 
九星気学
今日の運勢をチェック!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-